事務所の清掃はプロにお任せ下さい!事務所清掃.net

home > 事務所の清掃について > 事務所清掃を効果的に行う方法を理解しよう

事務所清掃を効果的に行う方法を理解しよう

事務所清掃を効果的に行うにあたり、窓や床などの汚れが目立ちやすい箇所を重点的に対処することがポイントです。
特に、タバコやほこりによる汚れは、時間の経過によって対処が難しくなることがあるため、日ごろから気が付いた時に手入れをすることが有効です。
また、広い事務所の清掃を行いたい場合には、専門の業者に依頼をすることで、数時間から数日程度で様々な箇所を綺麗にすることが可能です。
大手の清掃業者においては、事務所清掃のニーズにしっかりと対応をすべく、スタッフのスキルの向上や清掃用具の導入に力を入れており、今や様々な企業の担当者から期待が寄せられています。
そこで、もしも事務所清掃のタイミングに迷っている時には、早いうちから顧客サービスの良い業者に相談をすることで、有意義なアドバイスをもらうと良いでしょう。



事務所清掃は誰の仕事なのか考える

民間企業でもお役所でも、また、医療機関などの公共機関や個人商店でも、職場には必ず事務所が存在しています。
職種によっては、まさそこが日々の業務の場所となるわけですが、事務所清掃はどなたが行っていますかかなりの企業では、入居しているビルの管理会社が委託している、清掃業者の方が、終業時間後に毎週定期的に事務所に入室し、ゴミ収集から拭き掃除までをやってくれているようです。
しかし、自社ビルに入居していたり、生産現場である工場内に設置している事務所では、社員自ら事務所清掃を行うことが多くなります。
仕事をする上において、これは大切なことで、自分の職場や机の上を自分できれいにするのは当然のこととの認識が芽生え、仕事に対する真剣さも増す傾向があるようです。
未だ、景気好転の実感が薄い中、会社が清掃業者さんとの契約を打ち切り、社員が清掃をする方向に転換しているのは、単なる経費縮減だけではないようです。



事務所清掃をするときは照明の拭き取りもしています

オフィスは常に綺麗でなければ会社のイメージが悪くなってしまいます。
清掃会社に事務所清掃を依頼すれば、手が届かない照明器具の清掃をしてくれたり、仕切りのパーテーションの清掃もしてくれるので、事務所全体が綺麗になります。
時間が経ってしまってワックスが剥がれてしまったところの洗浄やタイルカーペットの洗浄も行っているので、隅々まで美しくなって事務所のイメージが変わります。
もちろん事務所は仕事があるときは利用する人が多いので、汚れを気にする人からクレームが出ないように、ゴミの回収や机の上を拭き取ったりする作業は徹底しています。
必要に応じて産業廃棄物などといったごみ処理も行っているので、オフィスから出たゴミは回収できるようにスタッフ全員で努力をしています。
作業をするときは、清掃管理計画表を作成して作業を進めているのでミスは起きません。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP